トレンドの途中から入るのが怖ければ、崩れるまで待つしかない!!

20170301fxtrade_usdjpy01
この記事の所要時間: 241

 

基本的に、私はトレンドフォローをメインにトレードしています(しているつもり)

 
が、もしその日のチャートを初めてみたときに
すでにトレンドがかなり形成されていて、

「もしかしたらそろそろ逆行するかも」

という恐怖心でトレンド方向にエントリーできないときどうするか・・・

 
それは、

「ひたすらトレンドが終了→トレンド転換するまで待つ」

しかないと思います。

 
ちょうど今日の相場(2017/03/01)で言えば、

かなり強い上昇トレンドでした。

 
今日のような相場であれば、
なるべく早い段階から買いでエントリーを考えられたんじゃないかと思いますが、

仕事や諸々でチャートをなかなか見れなかったとして

FXブログトレード報告

黄色〇あたりでチャートを見たとしたら、

まず、上昇トレンド中ということは把握できますが、

「さて、どこでエントリーしようか・・・」

となるんじゃないかと思います。

 

・強く上昇してきているから、まだ買い目線でいけるんじゃないか・・・
 どうだろう

・これだけ上昇したらそろろ下がりそう・・・

とか、いろいろな想定をするあまり、
エントリーするポイントがわからなくなってしまうことがあるかもしれません(⊃д⊂)

 
こうゆうとき、私は

無理してエントリーすることは考えず、
ひたすらトレンドが終わって、転換するまで待ちます。

 
もちろん、それは
これ以上トレンド方向に進むのか否かの自信や根拠がない場合です。

 
トレンドが崩れて、逆方向にトレンド転換するときというのは、
いろいろとサインが出るかと思います。

 
ざっくりあげてみると、
15分足の移動平均線デッドクロスとか、
上位時間足のオシレーターの上限タッチからの下降とか

あくまで例えだけど、

 
上昇トレンドで今まで買ってきたトレーダーの利確に乗って、
新規売りのエントリーが入ってくるときというのは

勢いがあったり、ダウ理論が崩れたり
なにかしらの逆行への動きが出てきます。

 
なので、
「トレンドが進みすぎていて、この先の動きが予測できない・・・」

というときは、
トレンドが崩れて逆方向に勢いがでてきたところまで待てると
優位性のあるトレードができるんじゃないかと思います。

 
ただ、当然のことながら、
トレンドの後にはレンジになる可能性も考えましょう

 
FXブログトレード報告

例えば、下降トレンドの途中で入るタイミングを掴めなければ、
明らかに下降トレンドが崩れて上昇に転じてきたところ(上記画像の緑〇のとことか)
でエントリーを考えられるかなと・・・

 


XMトレーディングMT4

↓1日1回、応援してくれてもいいのよ。

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もってぃー

ウェブデザイナー・兼業デイトレーダー ゲイトレーダーとして活動中 FX歴6年。FX勉強会に参加しながら、日々精進。 EMA理論とプライスアクション理論を用いてトレード ドル円&ポンド円メイン 趣味はギター・美容・食べ物・動画鑑賞・動画配信 そのうちリアルトレードをYOUTUBEで配信しようかなーと✌︎('ω')✌︎