ラインやゾーンはとっても重要ナリ

USDJPY.H40705
この記事の所要時間: 31

 

どうも!もってぃーです。

ダイエットするって前に書いてたんだけど、
実際に徐々に痩せてきてます。

が、調子乗りすぎて思ったより痩せていない
のが現状(笑

外食や酒が原因かな・・・・

でもサラシア茶やイージーファイバーのおかげで、
普通に食べるよりも太りにくいから、
徐々に痩せてきているって感じかな!!

 
はい!そして、今日は簡単かつ適当にラインやゾーンに関しての解説じゃ!

 
専業トレーダーの方でも、割と多くの人がラインやゾーンを引いて
トレードしています。

引き方はそれぞれ違うかもだけど、

考え方としては、

買いや売りが多く入ったポイントは、
後に意識されやすいので、ざっくり引いときましょう
という感じ。

すごくざっくり説明すると

0923zone_01

例えばAという地点で売った人たちが多くいたり、
大口のトレーダーが売ったとして、

その後、売りのポジションを持っている人たちは、
売りの方向(下)に進めば進むほど利益が大きくなるけど、

もし、下がってきたと思いきや、
逆に買いの方向に進んできてしまったときに、
売りポジションを持っている人たちはAのポイントより上に行くと
損になってしまうので、行かせないようにまた売りを仕掛けてきたり、
そのポイントを狙って新規売りを入れてくるトレーダーもでてくる可能性があります。

すると過去のA地点らへんは売りのゾーンまたはライン(サポートライン・ゾーン)として機能し、
そこからまた下がっていく傾向があります。

 
逆に、そのAポイントを勢いよく上に抜けた場合、(買いのほうが強かったので)
売りポジションを持っている人は損切をしたり、
その勢いに乗ってさらに新規買いが入ってくる可能性があるので、
その後、そのサポートライン・ゾーンはレジスタンスライン・ゾーンに変わっていくと考えられます。

実際のチャート例でいうと

【4時間足】
0923line-zone0

【4時間足縮小版】
0923line-zone

わりと意識されていると考えられます。

そして、ラインやゾーンは重要ですが、
ただ「ラインやゾーンにタッチしたから売り!」
という風に安易にエントリーするのはナンセンスで、

大事なのは、

「あくまで一つの根拠として考える」

ということ。

 
ラインやゾーンにタッチした後に、
実際にチャートがどのように進んでいくかによって、
シナリオを立てるということが優位性の高いトレードをするためには
必要かなと思っているであります!

 
私の手法の場合は、
上位時間足のライン・ゾーンにタッチしたり、抜けた後に、
チャートがどう進んでいくかを確認し、

下位足の細かいタイミング(優位性の高いポイント)でベストなエントリーをする
といったところです。

こんな感じで
tse02

最初は、とりあえず重要そうなとこにライン引いてみて、
検証してみたら、気づくことがあると思うので、
ぜひやってみてください(適当

 
毎日のサインはこちらから見れますので、気になったら見てみてください(・∀・)b
→毎日の優位性の高いサイン

 

↓TrendingSignEX販売中!↓

 


XMトレーディングMT4

↓1日1回、応援してくれてもいいのよ。

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もってぃー

ウェブデザイナー・ゲイトレーダー FX歴5年。FX勉強会に参加しながら、日々精進。 EMA理論とプライスアクション理論を用いてトレード ドル円&ポンド円メイン 趣味はギター・美容・食べ物・動画鑑賞・動画配信 そのうちリアルトレードをYOUTUBEで配信しようかなーと✌︎('ω')✌︎